フィリピンで日本語の先生になる

私は現在フィリピンで日本語教師をしています。毎日学生達に囲まれながら楽しく働いています。フィリピンの学生は立身出世の意欲が高いので勉強熱心な学生が多く、また、周りにあまり日本人がいないので、積極的に日本人教師と接しようという学生が多いので、友人の少ない異国の地でも寂しさや不便さをほとんど感じることなく過ごしています。日本語教師の良い点は、仕事をする上では高いレベルのフィリピン語を要求されないこと、基本的に日本が好きな人に囲まれて仕事が出来ること、そして、授業時間以外なら時間の自由が効くことです。また、大学の寮を無料で提供してもらえることも良い点です。

しかし、当然のことながら、日本基準で考えればお給料は低いです。日本の大学卒の初任給の半分ほどしかもらえない上に、レート変動の影響を受けます。フィリピンの場合、1年で4円も下がってしまいました。海外で働いていれば為替レートに左右されてしまうのは仕方が無いことですが、同じお金をもらっていても日本円にすれば大きく下がってしまったわけですので、お給料を両替して日本で貯金をしたいという人には大きな問題でしょう。フィリピンで生活していくには十分なお給料ですが、将来帰国することを考えている人には心許ない金額かもしれません。また、ボーナスもなければ、日本語教師は契約社員のようなものなので、保障も何もありません。大学によっては保険に入っており、病気の際には医療費を保障してくれる大学もあるようですが、私の大学にはそのような制度がなく、私は個人で日本の高い駐在保険に入っています。これらの事情から、日本語教師は一生の仕事ではないと、早々に見切りをつけて帰国される先生もいます。

また、先ほど授業時間以外には時間の自由が効くのが良いと書きましたが、逆をいえば、お給料として保証してもらえるのは授業時間だけで、それ以外の時間にいくら授業準備や宿題の確認やテストの作成・採点をしようと、サービス残業扱いとなり、お給料に反映されません。この点が嫌になってしまう先生も多くいます。私は教師3年目ですが、すぐに海外に行って長期間働きたい、あるいは定住したいと考え、このような事情を覚悟した上で就きたいという人には向いている仕事だと思います。しかし、そんな覚悟もなく、なんとなく海外に行きたいから、誰でもできそうな日本語教師を、、、というような人にはお薦めしません。

香港での勤務体験からわかった日本との3つの違い

私はシステムエンジニアとして香港に3か月間出張し、その間社内システム開発を行いました。私が香港で働いてみて、香港人や香港の職場についてわかったことは3つあります。1つ目は香港人はとてもせっかちだということです。私の作ったシステムについて、もっと処理は早くできないか、処理待ち時間をなくせないのか、など使いやすさより処理速度に対する意見を多く言われました。処理はこれ以上早くできないと言うと、ではこの処理とこの処理は同時にできないか、とも言われました。私は香港人はとてもせっかちで、待つのが嫌いなんだなと思いました。2つ目は香港人は家族との時間を第一にするということです。私の職場では残業する香港人スタッフは皆無で、香港人スタッフ全員定時で帰っていました。その後、毎日日本人スタッフだけが残って仕事をしていました。

また、定時後に私の歓迎会を開いてくれるということになったのですが、参加者全員で会費を支払うことがわかると香港人スタッフは誰も来ませんでした。会費は数名の日本人スタッフで割り勘にするという話になったら、半分以上の香港人スタッフが参加してくれました。香港人は家族も大切で、お金も大切で、会社の優先度はとても低いんだなと思いました。3つ目は日本人の仕事の正確さは信頼されているということです。私が作ったシステムは本番稼働時にバグが散見されました。

私がバグを即座に修正して再発しないことを確認し、システムを再度使ってもらったところ、感謝されて評価されました。その後もバグは何度も出てしまいましたが、その都度即座に修正したところ、日本人は正確に仕事するので安心できると言われました。ともすれば日本人の完璧主義さは海外では嫌われることもあります。ただ、せっかちな香港人と仕事をする場合は、日本人の仕事の正確さでミスなく仕事できて早く帰れるということが信頼されているのかなと思いました。

韓国主婦相手のカルチャースクールで日本語教師はいい思い出なし

韓国の有名なデパートで2年間日本語教師をしていました。週2回、1時間20分、別のデパートで月1回1時間20分を4時間通しで1回していました。韓国人と結婚して韓国に住んでいて元々日本語教師でした。

ここのデパートには色んな勉強内容があり私はネイティブなので会話を中心と、日本の文化などを紹介する授業を任されていました。生徒はお金持ちで時間に余裕のある主婦がほとんどで授業が終わるとランチに行ったり楽しい事もありました。

授業自体は日本語だけで出来たので比較的楽でした。よかったことは正直あまりありません。少しでも嫌な事があると事務所に連絡したり、文句、不平不満を訴える人が多かったです。本当に気を使いました。中には日本は嫌い、といいつつ来ている人もいて大変でした。

事務所側も生徒だけれどお客様なのでいつも私が注意されていました。そのうちに生徒は年配者なので男性の先生がいい、という事になり辞める1週間前に知らされてショックを受けました。

給料は3ヶ月に1回で1年に4回生徒募集するのですがその申し込み金が入ってから講師に給料を払う、という自転車操業みたいでした。有名なデパートなのにいい加減でビックリしました。ここの仕事はいい思い出があまりなく私の後を引き継いだ人も大変だと聞きました。

生徒さん同士の嫉妬心もあり平等に接するのも大変でした。学んだ事もありません。所詮韓国はいい加減なんだと思い知らされた2年間でした。

海外のホテルでインターンシップ経験~中国・大連~

大学在学中に大連にある外資系ホテルで1年間インターンシップという形態で働きました。

主な仕事はフロント業務、客室への対応等でした。中国語をがっつりと学んでいましたし、将来的に中国で働きたいと思っていたので、留学をするよりも実際に働いて肌に感じて刷り込んだ方がいいと思ったからです。中国のインターンや留学を紹介してくれるセンターで、エージェントを通して申し込みました。

実際には働くばかりでなく、語学学校に通いながらという感じです。住居はホテルの一室を与えてくれるので、冷暖房も完備されているし、必要なものがあれば街中にあるホテルなのですぐ買い物にも行けます。もしかすると日本にいたときより快適だったかも?しれません。

外資系のホテルに勤務していたので、宿泊客および来客者の多くは外国人です。中国系はほとんどいませんが、ただその中国系の方々がビジネス相手等を連れて宿泊にくるパターンは多かったです。大連には日本人も多く来ていたので、そういった中で私の役目はその日本人相手に翻訳をすること。自分で理解し、人に伝えることの難しさを痛感しながらの1年でした。しかも、相手はお客様なので日本語の丁寧さも求められます。大連にいるけれど、話している相手は日本人なので、向こうも私を日本人の翻訳エキスパートのように見ていますので、そういう点ではなんだかプレッシャーでした。

中国と聞くと、正直よい印象を抱く人ばかりではないと思いますが、実際に現地の人といると文化や考え方の差異はもちろんありますが(これはどこの国の人と付き合っても同じですね)優しくしてくれる同僚や上司ばかりで、働くうえで嫌な思いをしたことはありませんでした。どちらかというと、接客サービス業なので、お客に嫌な思いをさせられることの方が多かったですね。。

あっという間に過ぎた1年でした。大学時代の時間のあるときに行けてよかったです。ちなみに、卒業してからの数年間、中国とは全然違う外国の外資企業で働いていました。中国人も多く採用されていたので、インターンで学んだ経験も生かされたと思います。

フィリピンの工場で現地採用として働いています

現在、フィリピンの日系企業の工場で働いています。私の仕事は生産管理です。生産管理の仕事は簡単に説明すると、納期までに注文の製品をお客様に納品するよう、計画・管理する仕事です。言葉にすると簡単ですが、フィリピンでは色々とトラブルが起こったり、不良品が多かったり、ベンダーが納期までに材料や部品を届けなかったりするので、思った以上にきつい(特に精神的に)仕事です。

フィリピンで仕事をして良かったことは、管理職や責任のある仕事やを回してもらえることです。普通、部下を持ったり、プロジェクトを任されたり、管理職になるのは、入社後何年も後のことですよね?しかし、フィリピン(他のアジア)では、20代の若いうちから、色々な仕事を振られたり、管理職としてマネジメントすることになります。日本人で他に任せられる人がいなからという理由が大半です。僕も現在管理職としてフィリピン人をマネジメントしています。日本では、この年齢では絶対にできないことです。

仕事で若いうちから大きな仕事や責任のある役職を経験できるのですが、やはり、給料の方は不満が残ります。僕の給料は月収20万円ぐらいです。フィリピンの現地採用の相場は月15万~20万円なので、相場ぐらいの給料で、そのぐらいあれば、日本よりも豊かな生活はできます。しかし、同じ日本人でも駐在員の場合は、現地採用よりも何倍も給料をもらっており、仕事は現地採用とあまり変わりません。こういうのを見ると、仕事をするのが馬鹿らしくなることもよくあります。

フィリピン、アジアでの就職は、給料の面では日本と比べると劣り、劣等感や将来への不安を感じることも確かにありますが、日本では若いうちはやらせてもらえない大きな仕事を任されるので、キャリアや経験を重視するのであれば、フィリピンやアジアでの就職も良いかもしれません。

求人情報や転職サイトに関してはこちらのサイトを参考にするとよいでしょう。→http://philippinestraveladdicts.com

中国で日本語教師として働いて感じたメリット、デメリット

私は現在30代の男性です。今から3年ほど前に中国のアモイというところで日本語教師として過ごしていました。働いた期間は2年ほどです。今日はそのときに感じたメリット、デメリットを記したいと思います。

きっかけは語学留学で北京で学んでいたときでした。学生ビザが切れるときでしたが、何とか中国に残って仕事しながら中国語を勉強できないかと考えていたときに知り合いから紹介してもらったのが、アモイでの日本語教師の仕事でした。

そこの学校は中国でもいくつか学校があり、そこそこ大きな学校でしたので、仕事の勤務管理などはしっかりしていました。給料は日本よりは安いですがアモイならば十分暮らしていけるほどでした。

さて、実際にそこで日本語教師として働いてみて感じたメリットは純粋に中国人に日本語を教えるのが楽しかったということです。仕事の勤務は週に5日で、1日8時間ほどでした。とはいえ、実際に授業する時間は4時間から6時間ほどです。日本語を使って授業を進めることができるので、ストレスも少なかったですし、だんだんと日本語が上達していく姿を目にして楽しかったです。

一方で感じたデメリットは、日本語を教える難しさです。日本語が母語なので感覚で判断するところがたくさんあります。しかし、教える際にはそこを説明していかなければいけません。これが難しく感じました。また、中国人の会社でしたので、予定がいつもギリギリに決まるというのもデメリットでした。