フィリピンの工場で現地採用として働いています

現在、フィリピンの日系企業の工場で働いています。私の仕事は生産管理です。生産管理の仕事は簡単に説明すると、納期までに注文の製品をお客様に納品するよう、計画・管理する仕事です。言葉にすると簡単ですが、フィリピンでは色々とトラブルが起こったり、不良品が多かったり、ベンダーが納期までに材料や部品を届けなかったりするので、思った以上にきつい(特に精神的に)仕事です。

フィリピンで仕事をして良かったことは、管理職や責任のある仕事やを回してもらえることです。普通、部下を持ったり、プロジェクトを任されたり、管理職になるのは、入社後何年も後のことですよね?しかし、フィリピン(他のアジア)では、20代の若いうちから、色々な仕事を振られたり、管理職としてマネジメントすることになります。日本人で他に任せられる人がいなからという理由が大半です。僕も現在管理職としてフィリピン人をマネジメントしています。日本では、この年齢では絶対にできないことです。

仕事で若いうちから大きな仕事や責任のある役職を経験できるのですが、やはり、給料の方は不満が残ります。僕の給料は月収20万円ぐらいです。フィリピンの現地採用の相場は月15万~20万円なので、相場ぐらいの給料で、そのぐらいあれば、日本よりも豊かな生活はできます。しかし、同じ日本人でも駐在員の場合は、現地採用よりも何倍も給料をもらっており、仕事は現地採用とあまり変わりません。こういうのを見ると、仕事をするのが馬鹿らしくなることもよくあります。

フィリピン、アジアでの就職は、給料の面では日本と比べると劣り、劣等感や将来への不安を感じることも確かにありますが、日本では若いうちはやらせてもらえない大きな仕事を任されるので、キャリアや経験を重視するのであれば、フィリピンやアジアでの就職も良いかもしれません。

求人情報や転職サイトに関してはこちらのサイトを参考にするとよいでしょう。→http://philippinestraveladdicts.com